訪問者数

  • Visitors today : 0
  • Total visitors : 289

監督署が来た!

R007 監督署が来た!

1. 監督署が来た!
監督署は、原則として事前の予告なしに訪問されます。従って、予告のない来訪には対応のしようがありません。この場合は、自然体で対応するしかないでしょう。監督署は企業の粗さがしをして、企業をいじめる、困らせる存在のように思い勝ちですが、これは受け止め方の違いです。発想を転換すれば、監督署は自社の問題点を無料でチェックしてくれます。素直に見てもらってチェックして貰い、問題点があれば、知恵を借りて改善すれば良いのです。監督署も企業を摘発して処罰したいと思って仕事をしているわけではありません。

2. 監督署への対応
監督署に突然訪問されたら、1のように自然体で対応するしかありませんが、では事前に予告があった場合はどうすべきでしょう。監督署の機能として、労務管理、安全衛生のチェックをする部門からの訪問もありますが、その他にも労災事故にかかる調査、労働保険の調査もあります。予告があった場合には、来訪目的を伺い、対応準備をすることとなります。予告があった以上、用件に対応できる準備をしなくてはなりませんから、予告ありの方が面倒ともいえます。

3. 是正勧告書等の交付
是正勧告書の交付を受けた場合には注意しましょう。是正勧告書は、基本的に法律違反を指摘されているわけですから、必ず指摘事項を改善する必要があります。そこで、企業の方に考えて頂きたいのは、例えば労働基準法は国が定めた最低限の労働条件です。労働基準法違反が指摘された場合、この最低限の基準さえ守っていないということになりますが、一般に、他方でそれぞれの企業では、労働基準法以外の側面で対応しているルールもあります。例えば「有給休暇を法定どおり与えていない」と指摘されたとしましょう。たしかにそうかも知れませんが、社長さんは、従業員が「子供を病院へ連れて行くので早退したい」とか、明日は「授業参観があるので休みたい」とか、時の都合に応じて、経営者と従業員は柔軟な対応をしている場合も多いでしょう。この場合、事実上は立派に休みを与えているのですが、法律で定めた有給休暇として処理をしていないし、その証拠となる休暇台帳もないとなれば、有給休暇を与えている事実にならないため、法違反が指摘されているといった具合です。

4. 是正報告
是正勧告書を交付されたら、必ず是正期日が記載されています。一般に是正期日は交付時に是正期間を確認されているはずですので、それまでに是正報告をしなくてはなりません。

5. msroの支援
msroでは、労働基準監督署の監督官として豊富な経験を持っています。是正勧告書を交付された場合の対応、改善報告書の書き方等労働基準監督署対応のすべての局面において支援することができます。

6. 料金
是正勧告の内容にもよります。ご相談ください。