訪問者数

  • Visitors today : 0
  • Total visitors : 289

就業規則を作りたい

R002 就業規則を作りたい

1. 就業規則とは
就業規則とは、会社の法律です。経営者としては、出来るだけ安い労働力で必要なだけ働いてもらい、必要でない人は何時でも解雇したいと思うのが経営側の発想でしょう。しかし、残念ながら従業員も同じ人です。機械ではありませんからスイッチ一つで自由に動いたり止まったりは出来ません。そこで、会社のルールを使い、経営者もそのルールに従うから従業員も業務指示に従うよう求めることが出来ます。就業規則には、労働時間や休日等の原則、退職時の取り扱い、報償・制裁等の約束事の基本ですので、たとえ、会社の規模が小さいからと言って就業規則がないのは望ましいことではありません。それでは、良質な労働力を確保できないからです。

2. 就業規則の作り方
就業規則を作るには、雛形を入手しこれに加除、訂正、加筆して仕上げて行くのが早道でしょう。しかし、その前に自社の労働時間管理がどうなっているのか。採用するとき、解雇するときどうしているのか、社会保険や雇用保険はどうなっているのか、と言った労務管理の実態をまず把握し、将来に向かってどうすれば望ましい従業員管理が出来て、会社の発展に寄与するかということを分析検討する必要があるでしょう。

3. msroの支援
msroでは1で述べた、就業規則の作成から届出までの一括支援をすることが出来ます。そのためには、2で述べた、社内労務管 理の実態ご分析の段階からご支援できる自信があります。

4. 料金
就業規則の作成だけなら、10万円ですが、上述のようにこれは単に書類を作ればよいというものではなく、労務管理そのものの分析検討を行う必要があります(既存の就業規則が作成されていない場合)。従って、労務管理そのものが、現在は社長さんの頭の中にだけあって、将来に向けてルールある労務管理を行いたいと思われている企業におかれては、msroとの顧問契約をお勧めします。msroの基本理念は、「100%の顧客満足」です。労務管理費用を最小にして最大の効果を感じて頂けることでしょう。